救命救急看護師

大阪府済生会千里病院は災害拠点病院として、
救急医療の他、災害医療にたずさわる看護師がいます。

救命救急看護師 MESSAGE


一人でも多く
患者さんを救いたいという想いで
一人前のドクターカーナースを目指す
野村 由佳 救命救急(ICU)

学生時代に救急の患者さんと関わる機会があり、命を救うために全力で取り組む看護師の姿を見て、救急看護に携わりたいと思いました。そして三次救急に対応し、ドクターカーを展開するなどトップクラスの体制を備えている千里病院で働きたいと思いました。
また学校の講義で千里病院の先輩看護師が講師をされていて、自分の仕事に誇りをもち、いきいきと働いていることが伝わってきたことも志望動機のひとつです。

ICUでの看護は、ひとつひとつの判断や行いが命に関わります。そうしたなかでより良いアセスメントを行うために、医師や薬剤師、認定看護師などさまざまな職種との連携を心がけています。家族ケアにも力を入れていて、新型コロナウイルスの影響で患者さんとご家族がなかなか会えない状況で、少しでもコミュニケーションがとれるよう試行錯誤を重ねています。

救急外来、救急病棟、ICUを経験し、看護師として何ができるか自問した結果、ドクターカーナースになることを決意。現在、研修を受けています。思いきってチャレンジできたのは、常に上を目指して努力する先輩から刺激をもらったことも大きいです。
研修では実際にドクターカーに乗ってプレホスピタルケアを実践し、緊迫した現場で迅速・適切な処置を行うむずかしさを実感しています。
目標は一人前のドクターカーナースになり、一人でも多くの患者さんを救うこと。そして「この人に看てもらって良かった」と思ってもらえる看護師になることです。

ページ上部へ